JACETと協力するきっかけ
by Steve McCarty

Original print publication: ON CUE, 2 (2), 9 (1994).


JACETと協力するきっかけ


大学英語教育学会(JACET)応用言語学研究会(JAAL)で長期委員長を務められた矢野安剛教授は、JALTの大学外国語教育研究部会(CUE)の会報『ON CUE』(1994年6月号、p.12)に寄稿され、下記のように英文で述べています。その一部を和訳し、紹介します:

JACETはJALTの姉妹学会のようなものであり、特にCUEと同じく
教授法及び専門的な研究に関心を持っています。1962年に大学
英語教育の改善を目的として創立されたJACETは現在6支部、会員
2,200名を有します。1982年には,JACETの研究会JAAL(JALTのN-SIG
に相当する)が設立されました。1984年より国際応用言語学協会
(AILA)の加盟団体として、JAALの会員が定期的にAILAの国際大会
で活躍しています。1999年の大会は、東京にある早稲田大学で行
われる予定です。我々はこの国際規模の大会にJALTも活発に参加
させることを望みます。


CUEのメンバーであるJALT分野別研究部会代表として、この提言を深い感謝いたします。日本の大学教育改善および応用言語学分野のより一層の進歩のために、矢野博士の提言をきっかけとし、JACETのJAALとJALTのCUEが連係を保ち、より具体的に学会同士協力していけたらと思っています。

英文翻訳: 香川短期大学教授 Steve McCarty

In the previous issue of this newsletter we read an invitation from Dr. Yano of the Japan Association of Applied Linguistics for JACET and JALT to cooperate through their research groups, JAAL and CUE. Prof. Yano, whose own Waseda University will host the 1999 AILA World Convention, invited JALT to participate through CUE.

CUE would like to serve native speakers of Japanese as well, so the above article by the JALT N-SIG Representative reciprocates by translating the gist of Dr. Yano's English article into Japanese, thanking JAAL for the invitation and showing the determination of CUE to follow up on this opportunity for JALT to cooperate with JACET as a sister organization.

Acknowledgement: the accuracy of the Japanese translation and composition was kindly checked by a JAAL member, Prof. Kiyoshi Shioiri.

バイリンガリズムと日本学

Updated on 3 December 2001

E-mail