Feature Story: "Reaching out to Students - Education Online"
特集「学生に広がるオンライン教育」

Text by Michelle Ngo
文: ミッシェル・ンゴ
Translator: Kunie Murakami
翻訳者:村上邦枝

Quoting about half of an article from the September 2002 issue of the Hiragana Times
bilingual magazine for Japanese language learners, with a worldwide circulation of 180,000
日本語学習者のための月刊雑誌 『ひらがなタイムズ』
(世界中、当時に18万冊出版)2002年9月号から半分位引用されています

Will online learning catch on in Japan?

日本でオンライン学習は定着するか

Of all the Websites on the Internet, the majority are in English, which limits how online education can benefit people outside of the English reading and writing audience. However, Japan's number of Internet users is the second highest in the world. So why is online education not as prevalent in Japan as it is in the U.S.?

インターネット上にあるサイトの大半は英語で書かれているため、英語力のない受講者たちにとっては、そこがオンライン学習のネックなのかもしれない。だが、インターネットユーザーの数では世界 第二位である日本において、アメリカほどオンライン教育が普及しない理由は何だろう?

"Communicating through a terminal may be more comfortable to those used to an abstract way of thinking and an independent learning style ... both alien to Japan historically," states Steve McCarty, professor of Kagawa Junior College in the Shikoku area of Japan, in an article published in Educom Review. "Online education requires a self-motivated approach that is not demanded in the Japanese educational system."

「コンピュータを通してのコミュニケーションは、抽象的なものの考え方や独立した学習スタイルに馴染んでいる人のほうが快適に感じるだろうが、どちらもこれまでの日本人の性格には合わない」と、四国 にある香川短期大学教授のスティーブ・マッカーティ氏はEducom_Reviewの中で書いている。「オンライン教育においては、従来の日本の教育機関では要求されない自らのやる気ある姿勢が求められる」。

However, that is not to say online education is nonexistent in Japan. In 1995, McCarty's college went online, which helped take McCarty out of the isolation of the Shikoku region and share his research findings on Japan and bilingualism with people all over the world. McCarty saw the power of utilizing the Internet as a tool and has worked over the years with other educators around the world in promoting online education.

だが、日本にオンライン教育が存在しないわけではない。1995年マッ カーティ氏の大学がオンライン上にサイトを開設したおかげで、それまで四国地方に限られていたマッカーティ氏の行動範囲が広がり、日 本やバイリンがリズムに関する研究結果を世界中の人々と共有出来るようになった。マッカーティ氏は、道具として使えるインターネット 力を実感し、世界中の教育者らと共同し数年間にわたってオンライン教育の促進に取り組んでいる。

He is currently President of the World Association for Online Education (WAOE), http://www.waoe.org, an online scholarly organization of educators from around the world. WAOE seeks to dispel misconceptions concerning online education as well as to increase the access to Internet technology for non-Western educators. In fact, WAOE currently presents information in eleven different languages. In April 1998, WAOE was conceived at a completely online conference and quickly grew to over a thousand participants from about 50 countries.

マッカーティ氏は現在、世界各国のオンライン教育者らのための団体である世界オンライン教育学会(WAOE)の会長を務めている。WAOEでは、オンライン教育に対する誤った認識を解くことと、非西洋諸国出身の人々のインターネット・テクノロジーへのアクセス推進に努めている。現在WAOEでは、11ヵ国語で情報 提供をしており、1998年4月には完全なるオンライン会議で生まれ、すぐに約50ヵ国から1,000人がWAOEに参加するようになった。http://www.waoe.org/japanese

McCarty was the keynote speaker at the conference and presented "the need for an academic organization to turn online education into a professional discipline." Many people took note of his address and e-learning is gradually rising in Japan as well as around the world. McCarty was also invited by a government-sponsored e-learning consortium to present at e-Learning World 2002 held in Tokyo this July.

マッカーティ氏が上記の会議の基調演説を行い、その中で、「大学はオンライン教育を専門的な学問分野へと変えていく必要がある」と呼びかけている。多くの人が彼の説に注目し、日本も含む世界各国でeラーニ ングが徐々に広がりつつある。マッカーティ氏はまた、日本政府援助のeラーニング協議会に誘われ、7月に東京で開催されるeラーニング・ ワールド2002でプレゼンテーションを行った。 ... "

Most online programs are struggling to set up," McCarty admits. "But I would like to help them with the technology (e.g., software like learning management systems) and the paradigm shift involved in online education ..."

「オンライン・プログラムのほとんどは、現在開設に向けて奮闘中ですが、私としては、オンライン教育に移行する際に求められる(学習管理システムのような)ソフトなどの技術面やパラダイム・シフトの分野で 協力していきたいと考えています ...」

"People need to overcome the preconception that online education is just a human-machine interaction," asserts McCarty. "Online can actually broaden one's world socially as well as intellectually. I have actually met more people in person because online education gave me access to people I would never have encountered had it not been for the Internet ..."

「オンライン学習は人間と機械のやりとりだという偏見を捨てるべきでしょう。オンラインは個人の世界を社会的、知的な面で広げることに役立ちます」とマッカーティ氏は言う。「私の経験からすると、インターネットが なければ知り合うこともなかった人たちと知り合うチャンスが与えられたので、多くの人と実際に会う機会が増えました ...」

Continue to the WAOE Homepage / WAOE Facebook Page
Steve's Publications / 著作リンク集 | Updated on 23 October 2016